根強い人気のeyemakeとアイラボワンデーカラコン

数多くあるワンデー(1day)カラコンの中で、eyemakeはかなりの人気ですね。アイラボワンデーも好きだけどブリュムしか今はないみたいだし。今日はアイメイクのことにしてみましょ8う。
自分なりに口コミや装着画像なども見ながら考えてみました。
まずはeyemakeのスペックから見ていきましょう。

  • レンズ直径(DIA):14.0mm
  • 着色直径:12.8mm
  • ベースカーブ(BC):8.6mm
  • 含水率:38%
  • 度数(PWR):±0.00、-0.50~-6.00(-0.25ピッチ)-6.50~-8.00(-0.50ピッチ)
  • カラー:ブラウン・ブラック

これは、ワンデー(1day)もマンスリー(1ヶ月使用)も同じです。
価格は、

  • eyemakeワンデー(1day)
  • 1箱30枚入り(片目1か月分) 3,280円
  • eyemakeマンスリー(1ヶ月使用)
  • 1箱3枚入り(片目3か月分) 2,520円

簡単なスペックとしてはこんな感じです。
14.0mmは特にナチュラルにつけれるということで、種類も多い分、人気も分散されてる気もします。
その中で、eyemakeが人気なのは口コミでも見ることができます。

  • 瞳に馴染むブラックは会社や学校でも違和感がない
  • 年齢気にせず、ブラックもブラウンもつけれる

ばれない、気づかれないと思ったら、メイクを変えた?って聞かれた
目元がはっきりする感じがするので、若く見られる
なんて声もあります。
簡単に書くと、

  • ナチュラル
  • 大人っぽいけど可愛い
  • 年齢問わずつけれる

といったところでしょうか。
そして瞳のことを考えてる工夫も見られます。
eyemakeでは、透けてる感じがするドットデザインなのですが、これで見た目をナチュラルに見せるためだけのものではないんです。
色素の量を最適化して、目に与える影響を考えてくれてるんです。
そして、38%の低含水レンズというところ。
これだけこだわってくれてるのは嬉しいところです。
これはあくまでイメージなので、実際に装着すると、メイクなんかによっても、見た目にの印象は変わりますからね。
まずはブラウンからですが、柔らかい印象になれますね。
これならスッピンでも不自然にならないかな。
そしてブラック。黒コンって大きいのをつけると、違和感がすごいこともありますが、これなら大丈夫かな。
先に書いておきますが、これは私の勝手な憶測です。
ブログやレポを見た感想とかではなく、様々なカラコンを見てきて、今eyemakeについて思うことです。
大きいのはやっぱり「1dayと1ヶ月」の存在かなと。
いろんな人が書いてることですが、ワンデーのメリット、1ヶ月使用のメリット、1年使用のメリットと、それぞれありますし、逆にデメリットもあるんです。
どのようなタイミングでカラコンをつけるか、毎日つけたいのか、休みの日だけなのか、それとも1ヶ月に数回だけなのかは人によって違いますよね。
ですので、いかに、自分が求めるつけかた、デザインに近いのを探すかが大事になってくるんでしょうね。
その点、eyemakeの場合は、ワンデーを使ってみて、良かったら1ヶ月使用のを買う。
日常使いには1ヶ月のを、ワンデーの魅力の旅行や外泊時に使いやすいというのも考えて、ワンデーもい買っておく。
そういう使い方ができるんです。
レンズ直径を選べるカラコンは何点かありますが、複数の使用期間があるのは珍しいですしね。
私が知る限り、ワンデーと1ヶ月使用の両方がある14.0mmカラコンって他にはないかな。
せっかくワンデーでデザインが気に入って、もうちょっと長い期間使えるのをって探してても、全く同じデザインのってないですものね。
そこが、私が考えるこのカラコンの人気のポイントかなと。あくまで私の憶測ですけどね。